詐欺被害・調査
鉄腕アトムNAVI
『鉄腕アトム』の登場人物に関するデータ。声優やキャラクター解説などで登場人物の魅力にせまる。
アトムの家族
アトム

キャラクター解説
アトムは漫画『アトム大使』では脇役だったが、主人公の大目タマオを凌ぐ人気となり、アトムを主人公として設定を少し変更した上で描かれたのが本作である。原作の公式設定では、2003年4月7日がアトムの誕生日とされる。製作者は天馬博士。交通事故死した息子、天馬飛雄に似せて作られた(故に当初は、「トビオ」と呼ばれていた。「アトム」と名付けたのはサーカスの団長)。トビオは、人間とほぼ同等の感情と様々な能力を持つ優秀なロボットであったが、人間の様に成長しない事に気づいた天馬博士はトビオをサーカスに売ってしまう(アニメ第2作ではアトムが天馬博士と客船に乗っていて一人になった時、悪徳サーカス団の団長に騙され、サーカス団員として契約し拉致されるという設定になっている)。やがて感情を持つロボットに対し、人間と同じ様に暮らす権利が与えられる様になると、アトムの可能性に着目していたお茶の水博士に引き取られた。そして情操教育としてロボットの家族と家を与えられ、人間の小学校に通わされる様になる。学校での生活は、同級生達と紆余曲折しながらも仲良くやっている。性格は真面目で正義感が強いが、時にロボットである自分に苦悩や葛藤することも多い。誕生日の4月7日は本作の連載が始まった「少年」の発売日であった。原作では、「ミーバの巻」(1966年9月号〜12月号)などに誕生日についての記述(ミーバの巻では天馬博士のセリフ)がある。物語の中では苦労して市民権を得たが、現実の2003年4月7日、アトムは手塚プロの所在地である埼玉県新座市の市民に登録(世帯主はお茶の水博士)され市役所の前でアトムの特別住民票が配付された。なお、アニメキャラクターによる特別住民登録はこれが初めてとなる。アトムの髪型は、作者である手塚のくせ毛がモデル。また、『少年』連載時には手の指は4本で描かれることが多かった。
出典:Wikipedia

ウラン
コバルト
エタノール(アトムのパパ)
リン(アトムのママ)
チータン(ウランの弟)

懐かしいアニメ漫画HOME
鉄人28号 サイボーグ009 銀河鉄道999 エースをねらえ! 三つ目がとおる 鉄腕アトム 天才バカボン キャンディ・キャンディ マジンガーZ カムイ伝 プロゴルファー猿 エスパー魔美 キテレツ大百科 一休さん キューティーハニー グレートマジンガー 忍者ハットリくん ど根性ガエル 釣りキチ三平 漂流教室

鉄腕アトムNAVI
漫画 携帯クイズ