詐欺被害・調査
グレートマジンガーNAVI
『グレートマジンガー』の登場人物に関するデータ。声優やキャラクター解説などで登場人物の魅力にせまる。
科学要塞研究所
剣鉄也
つるぎてつや

声優
野田圭一

キャラクター解説
孤児であったが、兜剣造に引き取られ、グレートマジンガーのパイロットとして育てられる。本作のハードな世界観に合わせてか、甲児と比べて大人っぽい容姿。身長も180センチと、当時としては高めに設定されている。私服は青いショートトレンチにズボン(一見スラックスのように見えるが、DVDボックス特典の設定資料には『ジーパン』と表記されている)、紫色のマフラー。一見屈強な戦士だが、生まれ育ちのためか己にも周りに対しても厳しく、配慮のない発言で周囲の人間に反感を買う事がある。しかし一方では気さくな兄貴分であったり、子どもっぽい部分が見られる事もある。また、非常に対抗意識が強く、子供のころ、友達が飼っていたカナリヤに対抗し「男らしい」という理由で鷹を飼っていたこともある。その鷹が友人を襲い失明させたことを後悔しており、カナリヤの鳴き声がトラウマになっている(後に克服)。いわゆる「典型的なロボットアニメの主人公」的性格を持つ甲児とは対照的に、孤児であった過去や、それによる暖かい家庭への思慕、養父である剣造への愛憎入り混じった執着などから、性格は非常に複雑。この複雑過ぎる性格が災いして終盤で甲児と激しく対立、スタンドプレーに走った結果、剣造を死に追いやり、また自らも重傷を負うことになってしまう。当時の幼児向け書籍により、月の小遣いは千円である事や、そのほとんどがお菓子代に消えてしまう事などが明かされている。当初年齢は22歳に設定されていたが、諸般の事情により第19話から18歳に引き下げられた。(当初は兜甲児の続投が予定されており、その対比で年齢が高めに設定されていたとする書籍もある)それに合わせてキャラクターデザインの変更があった際に、もみあげのデザインが角ばったものから二段カールが入ったものへとマイナーチェンジが図られている。第44話からは、次回予告も剣鉄也(野田圭一)が行った。セリフは『次回・グレートマジンガー(サブタイトル名)で、君と会おう』
出典:Wikipedia

炎ジュン
兜シロー
兜剣造
飛田博士
闇の帝王

懐かしいアニメ漫画HOME
プロゴルファー猿 エスパー魔美 キテレツ大百科 一休さん キューティーハニー グレートマジンガー 忍者ハットリくん ど根性ガエル 釣りキチ三平 漂流教室

グレートマジンガーNAVI
漫画 携帯クイズ